両立支援・女性活躍推進

一般事業主行動計画

一般事業主行動計画とは

企業が、子育てをしている労働者の職業生活と家庭生活との両立を支援するための雇用環境の整備や、子育てをしていない労働者も含めた多様な労働条件の整備などを行うために策定する計画です。

次世代育成支援対策推進法とは

次の世代を担う子どもたちが健やかに生まれ育つ環境をつくることを目的として、国、地方公共団体、企業、国民が一体となって行う取組を進めるため、それぞれの果たすべき役割などを定めた法律です。2003年7月に成立し、2005年4月に施行されました。

一般事業主行動計画の公表について

株式会社ホンダカーズ兵庫は次世代育成支援対策推進法に基づき「一般事業主行動計画」を公表いたします。

株式会社ホンダカーズ兵庫 一般事業主行動計画

社員が仕事と子育てを両立させる事ができ、すべての社員がその能力を十分に発揮できるようにするために、次のように行動計画を策定する。

計画期間
令和2年4月1日~令和4年3月31日までの2年間
内容
目標1

不妊治療制度の導入・周知を図る

対策
  • 令和2年4月

    労使合意のうえ、制度導入

  • 令和2年度~

    制度に関する詳細資料作成・配布し管理職を対象とした研修及び社内掲示サーバーへの掲示による社員への周知

目標2

妊娠中や産休・育休復帰後の女性社員のための相談窓口の設置

対策
  • 令和2年 4月~

    相談窓口の検討開始

  • 令和2年 9月

    相談員の研修

  • 令和2年10月~

    相談窓口の設置について社員への周知

目標3

マタニティハラスメント研修の実施

対策
  • 令和2年4月~

    研修内容の検討開始

  • 令和2年度~

    管理職を対象とした研修の実施

  • 令和2年度~

    パンフレットなどによる社員への周知

女性活躍推進法行動計画

女性活躍推進法とは

女性の個性と能力が十分に発揮できる社会を実現するため、2016年4月に施行されました。この法律では、女性の活躍推進に対する取組みを着実に進めるため、従業員数301名以上の企業に対し、自社の行動計画を策定するよう定められております。

株式会社ホンダカーズ兵庫 女性活躍推進法行動計画

女性社員がその能力を十分に発揮し活躍できる雇用環境の整備を行うため、次のように行動計画を策定する。

計画期間
令和2年4月1日~令和7年3月31日までの5年間
課題

■多数の女性就職応募者がいるが業務職に偏り営業職・技術職に少ない
■管理職を目指す女性が少ない
■男性育児休職率の向上

内容
目標1

営業職の女性を現員8名から10名に増加させる
技術職の女性を現員2名から5名に増員させる

対策
  • 令和2年4月

    学生向けパンフレットの内容を見直し、改訂する

  • 令和2年度~

    会社説明会で、現職の女性社員にPRしてもらう
    業務職応募の女性への職種転換希望も把握

目標2

管理職(課長級以上)に締める女性の割合を現状約1・5%から10%以上にする

対策
  • 令和2年4月~

    女性社員へキャリアに対する意向をアンケートやヒアリングで確認する

  • 令和2年10月~

    アンケート等の結果を踏まえて、対象者へ研修を実施

  • 令和3年6月~

    実際に配属を実施し定期的にフォローアップを行う

目標3

男性育児休職取得者を現状実績なしから1名以上利用してもらい認知度を高める

対策
  • 令和2年4月~

    社内掲示サーバーに制度の認知度を高めるためPRする

  • 令和2年10月

    配偶者の出産予定のある男性社員を把握できるフロー策定

  • 令和3年4月~

    対象者へのヒアリングを開始し推奨する

TOPへ
戻る